さくらおろち湖周辺を100%楽しむサイト
第4回さくらおろち湖トレイルランニングレースが開催されました!
4月24日にさくらおろち湖周辺にて、『第4回さくらおろち湖トレイルランニングレース』が開催されました。
昨年よりも、参加人数が大いに増え今年は305名のエントリーがありました。
出走人数は271名、完走人数は268名となりました。
前半は、里山の景色など楽しめるコースでロングコースの後半では、ランナーの体力と脚力の限界を超えるコースとなっていますが、                  
無事完走した皆さんは笑顔でゴール!
 
大会の様子や、結果などはこちらから
↓↓↓
「さくらおろち湖ランナーズ」
大会HPhttp://user.kkm.ne.jp/asuparu/toreran/toreranp.html
大会FBhttps://www.facebook.com/sakuraoroti


 

2016年04月25日 コメント(0)
さくらおろち湖へワカサギの卵を放流しました!
平成28年4月18日(月)15:00~
尾原ダムさくらおろち湖にワカサギの卵が届きました。
斐伊川漁協協同組合の方により、ワカサギの卵1300万粒がついている卵床をショロ枠に収め
ダム湖に放流しました。

今年は水温が高いとのことで、もしかすると1週間くらいで孵化するのでは??
元気なワカサギの赤ちゃんが泳ぐ姿を見たいものですね!!

作業の最後に、外的(外来魚・野鳥)から卵を守るため、また虫が発生し稚魚の餌となるよう
竹をショロ枠にのせ、たくさんのワカサギが育つよう願いつつ終了いたしました。

ワカサギがさくらおろち湖に定着すればワカサギ釣りの楽しみができますね♪









2016年04月20日 コメント(0)
【セミナー】故郷の記録を保存して、故郷の記憶を記録する〜竹と山の学校
終了しました〜。
2月14日(日)。寒風の中14人名の方にお越しいただき開催できました。ご協力ご支援いただきました皆様、ありがとうございました。
レポートは、3月下旬頃に「奥出雲山村塾」のページにアップします。

メインの講演について、ちょっとだけ。
板垣先生の講演はふたつのキーワードが軸になっておりました。
ーーー
1)歴史資料は「ある」ものではなく、それを大切に守り伝えようとする人々がいてはじめて、歴史資料に「なる」もの
2)どこにでもあるけれども、そこにしかないもの
ーーー
蔵の2階に、自治会の倉庫に、大量の文書が見向きされることなく放置されている光景、「あぁ、あれか」と思われる方も、島根ではとくに多いでしょう。しか し、世界中どこを見渡しても、これだけ膨大な紙資料(歴史資料)が民間に存在している国は他にないということ、その意味をもっと自覚すべきであると、私自 身思いを強くしました。
それらは急速に消失する危機にあります。
歴史の消失は、文化の消失であり、地域の消失とイコールだということを、切に切に思いました。
しかし、しかし、です。これらのサルベージはとても面白く愉快な時間をもたらしてくれます。
「大の大人がキャッキャ言いながら楽しみはじめる」
「大人が本気で遊べる活動」
やってみたいでしょ。
や り ま し ょ 。



itagaki01


下記は告知時の記事です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


●facebookイベントページはこちらから(より詳細です)
2016-02-05

『故郷の記録を保存して、故郷の記憶を記録する〜着実に地に足をつけた人々による日々の営みのなかに、時代と社会を動かす芽をみつけるために』

◉日時:2015年2月14日(日)13:30〜16:00
※開場10時30分:午前11時頃から前座的なものを計画中。お楽しみに。「本番」は午後からです。

◉場所:松江市民活動センター・401研修室(松江市白瀉本町43番地 STICビル4階)
※JR松江駅から徒歩13分。ビル内駐車場あり。

◉内容
13:40〜14:15
レポート『中山間集落における
人口減少のリアル〜何が失われようとしているのか』
面代
真樹(NPO法人さくらおろち)

14:30〜15:30
講演『見向きされなかった近現
代資料(自治会の引継文書など)を住民の手で活用していくために』
板垣貴志(島根大学法文学部准教授)


◉参加費:一般 500円(資料代として)/学生無料。

◉講師プロフィール
板垣貴志(いたがき・たかし)
1978年島根県生。神戸大学大学院文化学研究科修了後、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター震災資料専門員、神戸大学大学院人文学研究科特命講師などをへて、2014年4月より島根大学法文学部准教授。著書・論文に、『牛と農村の近代史〜家畜預託慣行の研究』(思文閣;2013)『阪神・淡路大震災像の形成と受容―震災資料の可能性―』(共編著,岩田書院;2011)などがある。

◉申込み・お問い合わせ:NPO法人さくらおろち
島根県雲南市木次町平田779-1
tel&fax.0854−48−0729
参加ご希望の方は、資料や席の準備の都合上、事前にメッセージをいただけると大変助かります。
この頁(奥出雲山村塾)の下のフォームの「題名」欄に214セミナー参加と入れて送信ください。



†しまね自然と環境財団助成事業(竹と山の学校〜斐伊川流域圏で考え、動くための連続環境セミナー)

主催:特定非営利活動法人さくらおろち
2016年02月23日 コメント(0)
【セミナー】ぐるぐるまわる経済、環境、そして技術〜竹と山の学校
★大雪・寒波の影響を鑑み、開催日変更しました。1月24日→2月11日。
●facebookイベントページはこちら〜こちらのほうが詳細です。

yakihatagazo001

◉日時
2016年2月11日(木・祝日)10時〜16時
◉場所
松江市市民活動センター506研修室(松江市 白瀉本町43番地 STICビル)※JR松江駅から徒歩13分。ビル内駐車場あり。
◉内容
ーーーーー
午前の部
ガイド…面代真樹(NPO法人さくらおろち)

報告×展示×体験『竹から紙をつくり、竹の山を焼く冒険ーーチャレンジ!竹紙すくい体験&環境と技術をめぐる報告』
※竹を繊維にほどいていく各過程の展示と説明。紙すきコーナーあり(要道具持参……身の回りにあるもので)。

ーーーーー
午後の部(13時〜16時)
講師…有田昭一郎(島根県中山間地域研究センター主席研究員)
講 演 13:30〜14:30
『中山間地域は子育ちを支えられるか~家族のための働き方・暮らし方、経済と技術を考える~』
質疑応答 14:40〜15:40

 
ーーーーー

◉参加費:一般 500円(資料代として)/学生無料。

◉講師プロフィール
有田昭一郎(ありた しょういちろう)
1969年熊本県熊本市生まれ
鳥取大学農学部連合大学院博士課程中退後、(株)関西計画技術研究所にて産業・保健・医療分野の調査・計画・事業サポートを携わる。2003年度から島根県にIターン、中山間地域研究センターの職員となり、コミュニティビジネス(直売所や加工)や地域運営の組織づくり、中山間地域の子育て世帯の家計・働き方・暮らし方、地域経済循環の研究に携わる。野外体験産業研究会事務局、Came.Lab(地域経営技術研究室)メンバー。
妻、長男(中3)、次男(中1)、長女(小3)とともに飯南町に暮らす。ライフワークは家づくり・庭・組織づくり・経済研究

◉申込み・お問い合わせ:NPO法人さくらおろち
島根県雲南市木次町平田779-1
tel&fax.0854−48−0729
参加ご希望の方は、資料や席の準備の都合上、事前にメッセージをいただけると大変助かります。このイベントページの参加ボタンを押されるだけでもよいです。

†しまね自然と環境財団助成事業(竹と山の学校〜斐伊川流域圏で考え、動くための連続環境セミナー)

 
主催:特定非営利活動法人さくらおろち
2016年01月28日 コメント(0)
山と川と湖の食べごと塾ー水源のふるさと編
水源のふるさと編……ふるさとの味−−−飛龍頭(ふるず)、呉汁、炊き込みご飯、煮しめを食す

日時 2月21日(日) 10時〜15時
場所 奥出雲町三沢公民館ほか

kawatabe-omote

DSC_0146b

①バスは松江を出発し、森林公園を経由すると、この回は一路奥出雲町の阿井地区へ。あまい湧水「福寿水」を汲みます。
②阿井地区で循環型農業に取り組む”森の名手・名人”響繁則さんからお話を伺います。
③さくらおろちの食べごと塾は過去5年間にわたって、地域の食の再発見に取り組んできました。その代表的なメニューをいっしょにつくって味わいます。
④おみやげにもなるあま~い焼き芋づくり、そして飾り炭づくりが体験できます。学会、そして道の駅おろちの里で地元の特産品をおみやげに、帰路へ。
     
◉参加費は大人ひとり1000円、小学生以下ひとり500円。(昼食代、保険料を含んでいます)
◉集合場所は3つ【集合場所からのバス移動は無料】
 ①島根県庁前(本庁舎殿町郵便局付近)8:00集合→8:10出発
 ②宍道ふるさと森林公園(学習展示館前)8:40集合→8:50出発
 ③道の駅おろちの里(観光案内コーナー・お手洗い隣)9:30集合→9:40出発
   ※送迎バスでの帰路はおよそ③15:00出発→②15:40出発→①16:10到着の予定です。
◉定員は各回20名(申込み先着順)
 
◉申込方法:お問い合わせフォームまたは、下記申込先までFAXかお電話にて。
 「2月14日食べごと塾参加希望」として、住所、氏名、参加人数、連絡先、集合場所をお知らせ下さい。返信をもって受付完了とします。


◉主催・お問い合わせ先
NPO法人さくらおろち
島根県雲南市木次町平田779-1
tel&fax0854−48−0729



 

2016年01月05日 コメント(0)